に投稿 コメントを残す

エイジングケアとアンチエイジングの違いは?

エイジングケアとアンチエイジングの違いを知りたい方へ

アンチエイジング

「エイジングケア」と「アンチエイジング」とはいったい何だろう?
他にも「スローエイジング」「アクティブエイジング」「ウェルエイジング」など「エイジング」と関わるキーワードがいっぱいですね。

いずれも、いつまでも若くありたい、キレイでありたい、上手に年齢を重ねたいなどの願望から生まれた言葉です。

では、エイジングケアとアンチエイジングの違いは何でしょうか?
この記事ではその2つを明らかにします。

アンチエイジングとは?

自然の摂理なのでしょうが、生物は人に限らず、この世に生まれ、何年かを生きたのち、死んでいきます。

何をもって成長、何をもって老化と言うかは難しいようですが、一般的には、生物の体が成熟した後、死に至るまでの衰退のプロセスが「老化」です。

つまり、加齢=エイジングですから、成熟後のエイジングが老化と言えますね。

では、「アンチエイジング」とは、どういうことでしょうか?

Anti=抗
Aging=老化 加齢
ですから、日本語では、「抗老化」「抗加齢」。

「アンチ」といえば、「敵対する」「対抗する」などのイメージが強いですね。

また、アンチエイジングを、「若返り」、あるいは極端にいえば、「不老不死」をイメージされる方もいるようです。

しかし、実際、アンチエイジングとは、医学や健康のために生活習慣の改善で、少し老化をするのを遅らせることのようです。

つまり、時間を高速で逆行して「若返る」のではなく、ほんのちょっと戻してあげて、老化を防ぐイメージでしょうか。

例えば、肌の若返りなら、美容整形や美容医療により、外部から皮膚そのものを少し若くするために何らかの介入を行うこともアンチエイジングですね。

そして、日常生活における食物、睡眠、運動の質の向上も、アンチエイジングに欠かせない重要な要因なのです。

エイジングケアとは?

もう1つ最近では、化粧品のCMやウェブ広告で見かけるのが、エイジングケアです。

何と今や、「エイジングケア」の検索数が、20000近くあるようですから、一般化してきたとも言えますね。

コラーゲンでエイジングケア、セラミドでエイジングケアなどと芸能人やモデルも言ってますよね。

では、エイジングケアと何なの?アンチエイジングとどう違うの?

という疑問もありそうです。

エイジングケアについて詳しい情報は、エイジングケアを学ぶメディア「ナールスエイジングケアアカデミー」に詳細にあるので、ここではポイントを紹介します。

エイジングケアとは、エイジング(加齢)をケア(お手入れ)するという意味です。

わかるようなわからいような言い方ですね。

アンチエイジングと言ってもいいようなのですが、化粧品の広告となると、エイジングケアが使われます。

・目尻の小じわがある
・涙型の毛穴が目立ってきた
・口角が下がってきた
・肌が乾燥しやすい
・最近、ほうれい線が気になる

これは、エイジングサインです。
エイジングケアでこれらは、改善、解消できるのでしょうか?

残念ながら、「たるみ」が原因なら、答えはNO!

乾燥が原因なら、答えはYESです。

なぜなら、エイジングケアできることが基本的に、保湿だから。

皮下組織や表情筋は改善できません。
あくまで、表皮の角質のエイジングケアが化粧品の限界です。

だから、エイジングケアは保湿でエイジングサインを予防することと心得ましょう。

他に大切なのは、紫外線対策による光老化予防です。
シミ、シワ、たるみの多くは、紫外線が原因。

夏以外も1年十、紫外線ケアを!

もちろん、アンチエイジングのところでもお伝えした日常生活における食物、睡眠、運動の質の向上も大切なのです。

エイジングケア<をしっかり勉強して、実践しましょうね。

まとめ

エイジングケアとアンチエイジングの違いを説明しました。
いかがだったでしょうか?
この2つの言葉は、近い意味ですがやはり違いがあります。
言葉の意味を理解するとともに上手に実践してくださね。